『盲点』【鬼】KI-NS40 との『違い』

2020年版 シャープの加湿空気清浄機 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点カタログには書かれていない隠れた盲点も必見

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に同価格帯で比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

シャープ KI-NS40の特徴

旧モデル KI-LS40との違い

シャープ KC-N50 と KI-NS40の『違い』

シャープ KI-NS50 と KI-NS40の『違い』

パナソニック F-VXT40 と KI-NS40の『違い』

ダイキン, MCK40X と KI-NS40の『違い』

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。




シャープ KI-NS40の特徴

KI-JS40-W 正面

 

KINS40との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

プラズマクラスター25000を搭載

プラズマクラスター25000

菌やウイルスに対し、表面の細胞膜のタンパク質を切断して分解・除去。またイヤなニオイ成分 を分解・除去し、気にならないレベルまで消臭。

付着ニオイ原因菌の作用も抑制してくれるシャープ独自の技術である。

空気清浄の効果

引用 プラズマクラスターの効果

スピード循環気流

スピード循環気流

遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引する方法。

プラズマクラスターイオンが静電気を除去してくれる効果を発揮し、効率良く集じんできるのもポイント。

コンパクトサイズ

幅280mmのスリムボディイメージ

パワフル吸じん運転

10分間の最大運転で、プラズマクラスターを集中的に放出し微小な粒子が壁などに付着するのを抑えながら一気に汚れを吸い込む。

その後、50分間は強めの風量で強力に吸じんする運転である。帰宅した後など一気に部屋の空気を綺麗にしたい時におすすめ!

パネルを外さずに掃除

パネルを外さずにお掃除OK

後ろパネルのホコリは掃除機で吸い取るだけと謳われている。

※使い捨てプレフィルターあり(別売り)

※カタログには書かれていない隠れた盲点

中のフィルター掃除も忘れずに。注意点もあるので記事後半を参照。

加湿機能あり

Ag⁺イオンカートリッジ搭載

Ag⁺イオンカートリッジ

引用 KI-NS40の特徴

タンクやトレーのぬめりやニオイの原因となる水中の菌を抑制する重要な部品。1年に1回の交換が目安となっている。

ちなみに加湿フィルターは10年交換不要なのでコストパフォーマンスよし。

トップへ戻る



新モデルKI-NS40 と 型落ちKI-LS40の『違い』

 

新型になって進化した、追加された機能はナシ。

KI-NS40の型落ちがKI-LS40である。


つまりKI-NS40 と KI-LS40の違いは、発売年度の違いにより型番が違うだけで機能は同じ。ただし、型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることをお忘れなく!

KI-LS40の 口コミ 良い面

寝ている時はおやすみモードにしておけば、音もボタンの光もほぼ無くなる。
アプリと連携すれば、部屋の温度や湿度、綺麗になった空気の量など見られて、使いこなしている気分になれる。

引用 ビックカメラ.com

KI-LS40の 口コミ 悪い面

水がなくなったときに、アラートがならないのが少し残念でした。



トップへ戻る

シャープ KC-N50 とKI-NS40の『違い』

どちらも同時期に発売された機種。

KC-N50 加湿あり

(KC-N50-Wホワイト)

VS

ワンランク上位機種 KI-NS40 加湿あり

(KI-NS40-Wホワイト)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

プラズマクラスター濃度

KC-N50 : 7000

KI-NS40 : 25000

シャープと言えばプラズマクラスターの除菌イオン。一番重要な違いだが、機種によって効果の差があるので注意。

当然イオン濃度25000の方が効果あり!

しかもKI-NS40の方が3~4倍ほど濃度が高く効果がある。

シャープの製品はそれぞれプラズマクラスター濃度の違いというのもあるのでしっかりチェック!

一番上位機種になると新しい価値を実現!プラズマクラスターネクストとなる。

プラズマクラスターは自然界に存在するのと同じプラスとマイナスのイオンで、濃度を高めても安全性が確認された、シャープ独自の技術である。

参照 イオン濃度が上がれば効果も上がる

どのような効果があるのかしっかりチェックしたい方はシャープ公式サイト プラズマクラスターの効果へ↑

プラズマクラスターは新型コロナウイルスの抑制に効果があるのか?2020年9月7日シャープ公式で空気中に浮遊する新型コロナウイルスの減少効果を確認したとの発表あり!プラズマクラスターイオンを約30秒照射することにより、感染価が90%以上減少することを世界で初めて実証!

イオン濃度が高い方が細菌やウイルスの抑制や不活化に有効である。

シャープの場合はプラズマクラスターNEXTの効果が一番高い。ダニのふん、しがいの増加を抑え静電気も抑えるという効果もあり多くの企業で採用されている。

フィルターの違い

KC-N50 : ◯ 静電HEPAフィルター(交換目安:約10年)

ダブル脱臭フィルター(交換目安:約10年)

KI-NS40 : △ 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年)

KI-NS40はプラズマクラスターの効果は高いがフィルターの交換頻度が高いのでコストはかかってしまう。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

もし空気清浄機の売り場担当者だったならあまり触れられたくない部分、それはフィルター掃除に関してである。部屋の空気を清浄してもらうために空気清浄機も掃除が必要。

集じん・脱臭一体型フィルターの場合は、汚れや吹出口からのニオイが気になってきたら掃除したほうが良い。

注意点としてこの集じん・脱臭一体型フィルターの方は絶対に水洗いをしてはいけない。なので掃除機などでほこりを吸い取る方法になるのだが、実はもう一点あってタグの付いている片側だけしか吸い取ってはいけない。これは反対側を掃除機で吸い取ってしまうとフィルター性能が失われる可能性があるとのこと。

空気清浄の適用床面積

KC-N50 : 約13畳

KI-NS40 : 約10畳

プラズマクラスターの濃度は低いが空気清浄に関してはKC-N50の方が大きな畳数に対応。

給水方法の違い

KC-N50 : タンク

KI-NS40 : トレー

KC-N50はハンドル付きの給水タンクだが、KI-NS40は本体下部からトレーを引き出して給水するタイプ。

タンクのタイプは一般的だが、トレーの利点は2階やシンクから離れた部屋でも、ヤカンなどで給水できること。給水トレーの容量は約2.0L。

さらに詳しく比較したい方は↓

KC-N50の仕様・スペックは公式サイトへ

KI-NS40の仕様・スペック公式はサイトへ

以下は両機種に共通する特徴ある部分

スピード循環気流

スピード循環気流

遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引する方法。

 シャープの空気清浄機の気流を最大限活かすためには最適な場所に置くのも重要なポイントの一つ。左右のスペースを空け、後ろは3センチ以上、上部は60センチ以上空いているのが望ましい。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

近くでヘアームースやヘアートリートメント系のヘアケア商品は使わない方が良いとの事。プラズマクラスターイオンが発生しなくなる可能性があるため。化粧台の近くに置く予定の人は注意。

KC-N50

KCN50との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

KI-NS40の価格は シャープ KI-NS40の特徴へ

トップへ戻る



シャープ KI-NS50 と KI-NS40の『違い』

空気清浄の適用床面積

KI-NS50 : 約13畳

KI-NS40 : 約10畳

サイズ

KI-NS50 : 薄型

KI-NS40 : スリム&コンパクト

フィルターの違い

KI-NS50 : ◯ 静電HEPAフィルター(交換目安:約10年)

ダブル脱臭フィルター(交換目安:約10年)

KI-NS40 : △ 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年

※カタログには書かれていない隠れた盲点

もし空気清浄機の売り場担当者だったならあまり触れられたくない部分、それはフィルター掃除に関してである。部屋の空気を清浄してもらうために空気清浄機も掃除が必要。

集じん・脱臭一体型フィルターの場合は、汚れや吹出口からのニオイが気になってきたら掃除したほうが良い。

注意点としてこの集じん・脱臭一体型フィルターの方は絶対に水洗いをしてはいけない。なので掃除機などでほこりを吸い取る方法になるのだが、実はもう一点あってタグの付いている片側だけしか吸い取ってはいけない。これは反対側を掃除機で吸い取ってしまうとフィルター性能が失われる可能性があるとのこと。

湿度モニター

KI-NS50 : ◯ 数字でのデジタル表示

KI-NS40 : △ 3段階

KI-NS50の方が正確に現在のしつどがわかる。

使い捨てプレフィルター3枚付属

KI-NS50 : ◯ あり

KI-NS40 : × ナシ(別売り)

KI-NS40の 使い捨てプレフィルター 型番 FZ-PF51F1(6枚入り)
935円(税込)交換の目安は 約1ヶ月となっている。

以下は両機種に共通する特徴ある部分

プラズマクラスター濃度25000

シャープと言えばプラズマクラスターの除菌イオン。一番重要な違いだが、機種によって効果の差があるので注意。

シャープの製品はそれぞれプラズマクラスター濃度の違いというのもあるのでしっかりチェック!

一番上位機種になると新しい価値を実現!プラズマクラスターネクストとなる。

ダニのふん、しがいの増加を抑え静電気も抑えるという効果もあり多くの企業で採用されている。

交換用プラズマクラスターイオン発生ユニット(1個)IZ-C90M

posted with カエレバ

今回の2機種はプラズマクラスター濃度25000で効果を発揮するタイプなのでプラズマクラスターイオン発生ユニットも交換可能。

交換の目安は1日24時間連続使用して運転した場合約2年、1日8時間毎日使用した場合約6年とのこと。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

1日24時間使用した場合は半年に一回程度掃除が必要。プラズマクラスターユニットフタの裏にある小さなブラシを使って電極部についたホコリや汚れを取り除く。その場合コンセントを抜くことを忘れずに!

遠くのホコリも素早く吸じん、「スピード循環気流」

プラズマクラスターイオンが静電気を除去しながら、効率良く集じんします。

プラズマクラスター空気清浄機では、新型コロナだけでなく、新たに「付着花粉アレル物質」の作用抑制効果も実証されている!

KI-NS50との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

KI-NS40の価格は シャープ KI-NS40の特徴へ

トップへ戻る



パナソニック F-VXT40 と KI-NS40の『違い』

ほぼ同じ畳数に対応できる2機種を比較

両メーカーとも空中にイオンを放出させることでも除菌できるタイプ

シャープ KI-NS40

(KI-NS40-Wホワイト)

VS

パナソニック F-VXT40

(F-VXT40-Sシルバー)

各メーカーの売り

シャープ KI-NS40プラズマクラスター

パナソニック F-VXT40:ナノイー

シャープ KI-NS40の場合は、高濃度プラズマクラスター25000搭載

その他、付着ニオイ原因菌を除去できるのはNEXTだけなので注意。

さらにスピード循環気流によって効率よく運転

スピード循環気流とは?

遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引する気流を生み出す。プラズマクラスターイオンがあるので静電気を除去しながら、効率良く集じん出来てホコリがよく取れるのもポイント。

さらに効果について知りたい方はシャープ公式サイト↓

プラズマクラスターの効果へ

一方パナソニックの空清といえばナノイー!

最近パナソニックはナノイーの10倍の効果がある【ナノイーX】搭載機種を発売しているが、上位機種のみに搭載されるので注意。

今回の機種の場合は4種類(ニオイ)に効果を発揮。

その他、花粉・PM2.5・カビ菌・アレル物質などを抑制するなど。

さらに効果について知りたい方はパナソニック公式サイト↓

ナノイー/ナノイーXの効果へ

ナノイー発生ユニットは定期的な交換が不要である。

ではシャープの方はどうか↓

プラズマクラスター7000以外はプラズマクラスターイオン発生ユニットは交換方式となっている。効果が続くことが最重要なのでしっかり交換すべし!

プラズマクラスターとナノイーそれぞれにランクがあるのでややこしくなっているが、この2機種の場合何が具体的に一番違うのか↓

静電気の除去

シャープ KI-NS40◯ あり

パナソニック F-VXT40:× ナシ

服やドアノブの静電気を思い浮かべる方が多いと思うが部屋の隅にホコリがたまるのは静電気が発生する事で起こる。ここが盲点

花粉対策

シャープ KI-NS40◯ あり

パナソニック F-VXT40:◎ 詳しくあり

パナソニックのナノイーの場合、花粉の種類まで事細かに記載あり。

ただのナノイーの場合、4種類だが、上位機種のナノイーXになると格段に種類が増える。

フィルターの違い

シャープ KI-NS40: △ 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年

パナソニック F-VXT40: ◯ 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約5年

KI-NS40はプラズマクラスターの効果は高いがフィルターの交換頻度が高いのでコストはかかってしまう。

日本製かどうか

シャープ KI-NS40

パナソニック F-VXT40:◯日本製

加湿空気清浄機 F-VXT40の商品画像です。-S(シルバー)の1色展開。適用床面積の目安※1(空気清浄運転時)18畳/8畳での清浄時間※2、約15分/最大加湿量※3、350ml/h

F-VXT40との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

KI-NS40の価格は シャープ KI-NS40の特徴へ

トップへ戻る



ダイキン, MCK40X と KI-NS40の『違い』

シャープ KI-NS40

(KI-NS40-Wホワイト)

VS

ダイキン MCK40X

(MCK40X-Wホワイト)

各メーカーの売り

シャープ KI-NS40プラズマクラスター25000

ダイキン MCK40X:ストリーマ

シャープ KI-NS40の場合は、高濃度プラズマクラスター25000搭載

その他、付着ニオイ原因菌を除去できるのもNEXTだけ!

シャープのプラズマクラスターは濃度の違いによって効果が全然違う。25000は中間のクラスとなる。

プラズマクラスターは自然界に存在するのと同じプラスとマイナスのイオンで、濃度を高めても安全性が確認された、シャープ独自の技術である。

シャープと言えばプラズマクラスターの除菌イオン。一番重要な違いだが、機種によって効果の差があるので注意。

さらにスピード循環気流によって効率よく運転

プラズマクラスター空気清浄機の特長である、お部屋全体に風の流れが素早く行き渡るスピード循環気流。遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引します。プラズマクラスターイオンが静電気を除去しながら、効率良く集じんします。

引用 SHARP公式サイト KI-NS40の機能 遠くのホコリも素早く吸じん、「スピード循環気流」

※追記 シャープの空気清浄機の気流を最大限活かすためには最適な場所に置くのも重要なポイントの一つ。左右のスペースを空け、後ろは3センチ以上、上部は60センチ以上空いているのが望ましい。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

近くでヘアームースやヘアートリートメント系のヘアケア商品は使わない方が良いとの事。プラズマクラスターイオンが発生しなくなる可能性があるため。化粧台の近くに置く予定の人は注意。

静電気の除去もポイント。

一方ダイキンの空清といえばストリーマ!

シャープの空中除菌に対してダイキンは直接的な本体に吸い込んでからの電撃分解。

引用 MCK40Xの特徴

ニオイをフィルターに吸着させて、ストリーマで分解。しかも、吸着能力が再生するので脱臭能力が持続。

加湿フィルターや加湿する水の細菌をストリーマで除菌・抑制も出来る。

ちなみに内部のストリーマユニットはお手入れ不要・交換の目安10年

ではシャープの方はどうか↓

プラズマクラスター7000以外は交換方式となっている。効果が続くことが最重要なのでしっかり交換すべし!

posted with カエレバ

フィルターの違い

シャープ KI-NS40: 

△ 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年

ダイキン MCK40X: 

◯ 静電HEPAフィルター(交換目安:約10年) 

◯ 脱臭フィルター(交換不要

KI-NS40はフィルターの交換頻度が高いのでランニングコストがかかる点も考慮すべき。

リモコン付き

シャープ KI-NS40: ×

ダイキン MCK40X: ◯

意外に便利なのがリモコン。しっかり活用すべし!

MCK40Xとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

KI-NS40の価格は シャープ KI-NS40の特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに