『盲点』【鬼】モレキュル Air Pro SQ1P-JP との『違い』

2021年版 モレキュルの空気清浄機 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点カタログには書かれていない隠れた盲点も必見

Molekule社によって開発され、米国特許を取得したPECOテクノロジーを搭載した空気清浄機!

モレキュルは、ひどい喘息とアレルギーに苦しむ我が子を救うために、一人の科学者が汚れた空気の研究を開始した1995年から始まった。

※販売とサポートはソースネクスト株式会社

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

モレキュル Air Pro SQ1P-JP の特徴

小型モレキュル Air Mini+ MN1P-JP と モレキュル Air Pro SQ1P-JP の『違い』

モレキュル Air Pro SQ1P-JPと 90万円 NANODRON(ナノドロン)NJ20-CBL の『違い』

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。




モレキュル Air Pro SQ1P-JP の特徴

morekule air pro

引用 モレキュル Air Pro SQ1P-JP の特徴

モレキュル Air Pro SQ1P-JPとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

今までになかったハンド・ストラップ付きの空気清浄機

無骨になりがちな空気清浄機にあたたかみを与え、どんな部屋にもしっくりと馴染むデザイン。

PM10、PM2.5、PM1.0ごとに4つの色で空気の質を確認可能!

(花粉やホコリなど粒子の量を測定している)

空気の流れ

VOC、カビ、バクテリア、アレル物質を含む、広範囲な汚染物質を除去するだけでなく、フィルター内部で光触媒技術により化学反応を起こし分解して無害な物質にする特徴あり。

アメリカの特許技術であるPECOテクノロジーは、従来のHEPAフィルターの基準の1/1000まで小さい物質も除去!

スマホ対応あり

トップへ戻る



 モレキュル Air Mini+ MN1P-JP とモレキュル Air Pro SQ1P-JP の『違い』

(モレキュル エアー ミニプラス と モレキュル エアー プロの違い)

Air Pro SQ1Pの方が上位機種!

適用面積

モレキュル Air Mini+ MN1P-JP : 10畳

モレキュル Air Pro SQ1P-JP : 33畳

空気センサーの違い

モレキュル Air Mini+ MN1P-JP : △ 4つの色で空気の質を確認可能

モレキュル Air Pro SQ1P-JP : ◯ PM10、PM2.5、PM1.0ごとに4つの色で空気の質を確認可能

どのような空気の汚れかがわかることで対策もできる。

静音オートモード

モレキュル Air Mini+ MN1P-JP : × ナシ

モレキュル Air Pro SQ1P-JP : ◯ あり

標準オートモードはどちらも搭載されている。

騒音レベル

モレキュル Air Mini+ MN1P-JPの場合

最低— 39dBa
最高— 62dBa

モレキュル Air Pro SQ1P-JPの場合

最低— 33dBa
最高— 64dBa

静音オートモードを使えば、それほど変わらない。

本体の色

モレキュル Air Mini+ MN1P-JP : ホワイト

モレキュル Air Pro SQ1P-JP : シルバー

以下は両機種に共通する部分

モレキュル独自のPECOフィルターは、吸入した空気を1回通過させるだけで、ウイルスを99.9%除去!

空気の流れ

VOC、カビ、バクテリア、アレル物質を含む、広範囲な汚染物質を除去するだけでなく、フィルター内部で光触媒技術により化学反応を起こし分解して無害な物質にする特徴あり。

PECOフィルターに関して

1日12時間使用で約1年持つ高性能フィルター。しっかりとした効果を持続させるためにも、フィルター交換のため適切な稼働時間に達すると自動停止する。

フィルターの洗浄が必要なく、交換だけの簡単メンテナンスを採用。

Air Mini+ 専用PECOフィルターの値段は8,140(税込み)

Air Pro 専用PECOフィルターの値段は13,750円(税込み)

カタログには書かれていない隠れた盲点

本体の内側にホコリがたまっている場合は掃除機で吸い取ったほうが良いとのこと(適切に空気清浄するため)

今までになかったハンド・ストラップ付きの空気清浄機

無骨になりがちな空気清浄機にあたたかみを与え、どんな部屋にもしっくりと馴染むデザイン。

移動させるのも便利で、昼間はリビングルーム、夜は寝室と、必要な部屋に持ち運んで使うことも可。

電源コードは底面で巻き取れるので邪魔にならない。

そしてタッチパネルでシンプルな仕様。

(上からの図)

部屋の一部として、美しく、心地よい存在を目指したとのこと。

スマホ対応あり

 

スマートフォンで空気清浄機を操作。外出先から帰宅時間にあわせて運転させることもできて便利!

※わかりにくい隠れた盲点

市販のフィルターは使えないので専用のフィルターが必要。

空気の汚れやカビ発生の可能性があるためフィルターは掃除機を使ったり、洗浄は推奨できないとのこと。

モレキュル Air Mini+ MN1P-JPとの比較記事・一覧へ

morekule air mini

引用 モレキュル Air Mini+ MN1P-JPの特徴

posted with カエレバ

モレキュル Air Pro SQ1P-JP の価格は モレキュル Air Pro SQ1P-JP の特徴へ

トップへ戻る



モレキュル Air Pro SQ1P-JPと 90万円 NANODRON(ナノドロン)NJ20-CBL の『違い』

適用畳数

Air Pro SQ1P-JP : 33畳

NJ20-CBL : 35〜70畳

本体デザインの違いも大きい。

手作り

Air Pro SQ1P-JP : ×

NJ20-CBL : ◯ ハンドメイド

色だけでなく、質感がぜんぜん違う。NJ20-CBLは、生産工程の半分をドイツの熟練職人がハンドメイドで行う限定生産品である。

吸気口

Air Pro SQ1P-JP : 本体下部

NJ20-CBL : 本体上部

Air Pro SQ1P-JPの場合

本体下部の360度吸気口から部屋の空気を取り入れ、大きな浮遊物をろ過し、肉眼では見えないような小さな有機物を除去。

NJ20-CBLの場合

上部に吸気口あり。上部と下部の温度としつどを一定化できる利点あり(上部なので天井の高さ3~5mまで対応可)

空気清浄機の能力

Air Pro SQ1P-JP : ◯

NJ20-CBL : ◎

Air Pro SQ1P-JPの場合

PECOフィルターでろ過するタイプ。約半年ごとにフィルター交換が必要。

NJ20-CBLの場合

フィルターは高合金鋼製。

ウイルスなど浮遊物を帯電させ、フィルターに静電トラップさせる技術。なので汚れのサイズは関係なく、全粒子が対象となる。

画像1: www.nanodron.tokyo

内部には1万2000Vの静電気!

だが省エネ構造になっているので電気代は安く、静音性にも優れている。

新型コロナウイルス対策

Air Pro SQ1P-JP : ?

NJ20-CBL : ◯ 効果あり

モレキュルAir Pro SQ1P-JPが新型コロナウイルスに対して効果があるか、有効かどうかは不明だが、種類問わずウイルスを本体が吸い込めば、ある程度効果が期待できる。

メンテナンス

Air Pro SQ1P-JP : 基本的にフィルター交換のみ

NJ20-CBL : 完全フリー

NANODRON(ナノドロン)NJ20-CBLの場合は、6ヵ月〜1年の間に1度のペースで、専門スタッフにメンテナンスしてもらうシステムである。

メンテナンス内容は静電フィルターのクリーニング・交換と二重層活性炭フィルターの新品交換が含まれる。

 ※メンテンナンス1回70,000円+税。

つまり面倒な内部のフィルターを清掃したり、汚いホコリに触れる事など上流階級には全く必要無い!

 ※上部にある表面のプレフィルターのみクリーナーで定期的に清掃が必要。

会社

Air Pro SQ1P-JP : Molekule(モレキュル)社はサンフランシスコに本社を置く企業

NJ20-CBL : ヘルスエアテクノロジー社はドイツの企業

画像: 12色のラインナップ。 www.nanodron.tokyo

NJ20CBLとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

モレキュル Air Pro SQ1P-JP の価格は モレキュル Air Pro SQ1P-JP の特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに