『盲点』【鬼】CV-NH140 違い・口コミ・レビュー

2021年版 衣類乾燥機・除湿機 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点、カタログには書かれていない隠れた盲点も必見

シャープから発売  new! ハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機!

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

CV-NH140 の特徴

下位機種 CV-N180と CV-NH140 の『違い』

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。




CVNH140 の特徴

1年中すばやく、清潔に衣類乾燥できるシャープのフラッグシップモデルが新登場!

「コンプレッサー方式」「デシカント方式」を自動で制御

ハイブリッド方式だから1年中パワフルに除湿、部屋干しでも安定した乾き心地!

様々なサイズの衣類を2段に掛けてワイドに部屋干し

2段干し、丈の長い衣類でもしっかり乾燥。天井付近から下方まで風を届けられる。

シャープのハイブリッド方式なら1年中スピーディーに衣類を乾燥

横幅約165cmの風を届ける左右ワイドスイングと、たて幅約190cmの風を届ける上下広角スイングあり!

プラズマクラスター25000搭載!

以下の効果あり↓

部屋干し衣類の生乾き臭を消臭

衣類に付いた汗臭を消臭

衣類やお部屋に付いたタバコの付着臭を分解・除去

付着カビ菌の増殖を抑制

ピンクぬめり原因菌の増殖を抑制

スポット送風

スポット送風でスピーディーに乾かせる

消臭効果

バスマットに付着した菌の増殖を抑制

洗った靴を床に並べてそのまま乾かせる

洗った靴を床に並べてそのまま乾かせる床干しにも対応!

現在しつど表示(目安)

1%単位のデジタル表示あり。

設置しやすいコンパクトサイズ

設置しやすいコンパクトサイズ

設置スペースはA4サイズの雑誌見開きサイズ以下なのに除湿能力が高い!

タンク

ハンドル付きタンク

凹凸が少なくお手入れしやすい仕様。

ホコリブロックプレフィルター

ホコリブロックプレフィルター

大きなホコリを入り口でブロックしてくれるので便利。

キャスター

4輪キャスター

4輪キャスターがあるので横移動が便利。

24時間連続排水

本体の後ろにある、キャップ付の連続排水穴にホースをつなぐ

風呂場などに直接排水できる機能あり。

お風呂場などに直接排水

24時間連続排水のおかげで排水タンクに溜まった水を捨てに行く手間なく、外出中などの長時間運転も可能となる。

引用 CV-NH140の特徴

posted with カエレバ

トップへ戻る



 CV-NH140と CV-N180 の『違い』

 

プラズマクラスター濃度

CV-NH140 : ◯ 25000

CV-N180 : △ 7000

消臭にかかった時間

プラズマクラスター25000とプラズマクラスター7000の違い↑

除湿方式

CV-NH140 : ◯ ハイブリッド式

CV-N180 : △ コンプレッサー式

CV-NH140の場合

コンプレッサー方式/デシカント方式を自動で制御

コンプレッサー方式とデシカント方式をバランスよく組み合わせたハイブリッド式の方が、1年を通じて高い除湿能力を発揮できる!

タイマー

CV-NH140 : 切タイマー(1〜9時間)

CV-N180 : 切タイマー(1〜12時間)

どちらも1時間単位で設定できるので、忙しい現代人に合った除湿機。

定格除湿能力(50Hz/60Hz)

CV-NH140 :  11/13 L/日

CV-N180 : 11/12 L/日

これはサイズの差も考慮して見る必要がある。CV-NH140の方が一回り小さいのに除湿能力が高い!

ハイブリッド式とコンプレッサー式の違いが除湿量の差となった。

除湿可能面積の目安(木造住宅~コンクリート住宅)

CV-NH140 : 50Hz 14~28畳(23~46㎡)
60Hz 16~33畳(27~54㎡)

CV-N180 : 50Hz 14~28畳(23~46㎡)
60Hz 15~30畳(25~50㎡)

プラズマクラスターの適用床面積(目安)

CV-NH140 : 約12畳(約20㎡)プラズマクラスター25000

CV-N180 : 約14畳(約23㎡)プラズマクラスター7000

CV-NH140の方が4倍近くも効果あり!

衣類乾燥時間(2kg)

CV-NH140 : 約64分(梅雨時)/約80分(冬季)

CV-N180 : 約100分

CV-NH140の方が早く乾いて便利!


つまりCV-NH140と CV-N180の違いは、プラズマクラスター濃度の差による消臭スピード効果の違いだけでなく、除湿方式と除湿能力の違いである。ハイブリッド式のCV-NH140の方が1年を通じて高い除湿能力を発揮できてオススメ!

引用 CV-N180の特徴

CV-N180との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

CV-NH140 の価格は CV-NH140 の特徴へ

トップへ戻る



CV-NH140の口コミ・レビュー

 

さすがにハイブリッド方式だけあって優秀です。
ただヒーターを使うせいか室温が上がりがちです。
ホースを接続して連続排水もできるので、洗面所や浴室の乾燥にも重宝しそうです。

3人家族で夜に洗濯物干して朝までつけっぱなしでいると、満水で止まっているときがあるので排水タンクの大きさはもう少し大きければ助かりました。

またプラズマクラスター25000だからなのか、今のところ生乾き臭は皆無です。

1年中使えるとの事で購入。梅雨入りした事もあり、洗濯物も部屋干しですが、除湿機を使うと衣類乾燥機モードでなくても、洗濯物が乾いてきていました。はじめて、除湿機を購入しましたが、除湿してこんなに水が溜まるんだ!と、驚きました。今の梅雨時期、台風シーズンに活躍しそうです!

デザインも機能もいいです。 しっかり除湿、衣類乾燥してくれます。 部屋になじむデザインが他社の同グレード品に比べてとても良いです。

音はかなりやかましいですが、カラッと乾きます!全く嫌な臭いがしません。
でも乾きにムラがあるので乾かしているものを前後逆にしたり位置を変えると上手に乾かせます。

引用 楽天市場

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに