『盲点』【鬼】F-YC120HUX 違い・口コミ・レビュー

2021年版 衣類乾燥機・除湿機 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点、カタログには書かれていない隠れた盲点も必見

パナソニックから発売のハイブリッド方式の衣類乾燥除湿機!

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

F-YC120HUX の特徴

下位機種 F-YHUX90 と F-YC120HUX の『違い』

F-YC120HUXと 旧モデル F-YC120HTX の『違い』

F-YC120HUXと 似ている F-YHUX120 の『違い』

※F-YC120HUXの型落ちがF-YC120HTXである

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。




FYC120HUX の特徴

 

スタンダードモデルの除湿機。

F-YC120HUX

衣類乾燥時間 約75分
除湿可能面積の目安 25畳(42㎡)
定格除湿能力 10L/日(60Hz)
最大除湿能力 12.5L/日(60Hz)

※衣類乾燥時間は衣類の量2kg相当の時間

約2kgの洗濯物のイメージ画像です。

上の写真で約2kg

ナノイー搭載!

畳んであるタオルのまわりにナノイーが漂っているイメージ画像です。

部屋干し臭のもととなる菌を除菌するだけでなく生活の中で気になる有害物質に効果を発揮!

ワイド&スイング送風

洗濯物は放置しておくと菌が繁殖し、部屋干し臭の原因になるがF-YC120HUXならスピーディに衣類乾燥させ、ナノイー Xが衣類を除菌し、部屋干し臭を抑制してくれる!

※F-YC120HUXの吹出口と洗濯物の間は、40 cm以上離す。

1年中 除湿できる

衣類乾燥の他にも広いリビングや脱衣所、お風呂などもしっかり除湿。

しつどの高い夏の除湿だけでなく、冬場の結露対策にも大活躍!

※わかりにくい隠れた盲点

浴室のカビ対策をするときは、浴室の入り口に本体を設置すること!(もし水がかかると漏電による感電・火災の原因になるため)

F-YC120HUXはハイブリッド方式

梅雨も冬も1年中パワフル!パナソニック独自のハイブリッド方式(特許技術)。イメージとして、商品本体のまわりを季節のアイコンが囲っています。春・ジメジメした梅雨・夏・秋・洗濯物が乾き辛い冬。

梅雨も冬も1年中優れた除湿力を発揮するハイブリッド方式!

気温に左右されにくい利点があり、コンプレッサー方式とデシカント方式のメリットを1台にまとめてデメリットを克服した、パナソニック独自の除湿方式となっている。

カラッとセンサー

パナソニック独自!カラッとセンサーのしくみを説明したイラストです。温度・湿度とその変化度合いを一定時間ごとにチェック。乾きの進み具合を予測して、乾燥が完了すると自動で運転をストップします。

乾燥開始から、定期的に温度・しつどとその変化度合いをチェック!

乾燥完了を見極めて自動停止してくれる便利な機能。

カタログには書かれていない隠れた盲点

なるべく部屋を閉め切った状態で使う事!
運転中に窓や扉を開閉して室内の温度が大きく変わると、除湿や衣類乾燥の時間が長くなるなど、センサーが正しく検知できなくなる恐れあり。

ケア

部屋ケアモード

ケアキープモード

衣類ケアモード

クローゼットケアモード

それぞれ適した運転をしてくれて便利!

エコナビ

エコナビ機能で、洗濯物が多い時と少ない時の送風を切り替えているイメージ画像です。1kgの少量まで見極めます!(当社独自の乾燥アルゴリズムで判断)

洗濯物の量を自動で判断して、お得に乾かしてくれる省エネ機能。

写真だと少しややこしいが、送風幅を自動で変える機能ではない。

カタログには書かれていない隠れた盲点

エコナビは何を基準に判断しているのか?温度・しつどの変化を感知し、洗濯物の量に応じた乾き具合を予測して自動で運転を停止させている。

電気代

約20円。速乾モード時(60Hz)

約7円。標準モード時(60Hz)

タンク

タンク容量 約3.2L
水の溜まっている量が一目で分かる水位窓付き!

操作面

シンプルでわかりやすいデザイン。

お手入れ

1か月に1回を目安に内部のタンク、タンクふた、フロートを水ですすぐ。

 

約2週間に1回を目安に吸込口のフィルターのゴミを掃除機で取る。

F-YC120HUXのフィルターの型番はFCW0080023で、値段は3,300円(税込)となっている(破損したら交換)

ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機(ミスティグレー)「F-YC120HUX-H」

引用 F-YC120HUXの特徴

posted with カエレバ

トップへ戻る



 下位機種 F-YHUX90 と F-YC120HUX の『違い』

 

コンパクトモデル F-YHUX90

(F-YHUX90-Hアーバングレー)

VS

スタンダードモデル F-YC120HUX 上位機種

(F-YC120HUX-Hミスティグレー)

 

適用畳数

F-YHUX90 : 木造8畳 プレハブ12〜13畳

F-YC120HUX : 木造11〜13畳 プレハブ17〜19畳

本体サイズの違いにも注目(記事後半)

除湿能力

F-YHUX90 : △ 8.5L/日

F-YC120HUX : ◯ 12.5L/日

タンク容量

F-YHUX90 : △ 約2.4L

F-YC120HUX : ◯ 約3.2L

F-YHUX90の場合は、こまめにタンクの水を捨てる必要があるかもしれない。

衣類乾燥時間

F-YHUX90 : △ 約97分

F-YC120HUX : ◯ 約75分

ワイド送風の幅

F-YHUX90 : △ 100センチ

F-YC120HUX : ◯ 165センチ

 

new!  ツインルーバー

F-YHUX90 : × ナシ

F-YC120HUX : ◯ あり

 

左右独立したルーバーが異なるスピードでスイング、さまざまな方向に風を届ける。

洗濯物を揺らして拡げながら風を送り込むので洗濯物を詰めて干しても速く乾かせる!

new! 梅雨モード(衣類乾燥)

F-YHUX90 : × ナシ

F-YC120HUX : ◯ あり

梅雨の時期に洗濯物を部屋干ししている画像です。

衣類乾燥が終わったら、自動で部屋を除湿してくれる便利な機能。

梅雨時期など、衣類への湿気戻りと部屋のしつど上昇を抑えてくれるので梅雨でも快適!

以下は両機種に共通の特徴

ナノイー

 ◯ 搭載

畳んであるタオルのまわりにナノイーが漂っているイメージ画像です。

部屋干し臭のもととなる菌を除菌できるナノイー。

長く使うことを考えればナノイー搭載機種が断然おすすめ!

ワイド&スイング送風

風を洗濯物の端までしっかり届けるので、しっかり衣類乾燥できる。

1年中 除湿できる

衣類乾燥だけでなく、広いリビングや脱衣所、お風呂などをしっかり除湿。

しつどの高い夏の除湿や冬場の結露対策にも大活躍!

カラッとセンサー

パナソニック独自!カラッとセンサーのしくみを説明したイラストです。温度・湿度とその変化度合いを一定時間ごとにチェック。乾きの進み具合を予測して、乾燥が完了すると自動で運転をストップします。

乾燥開始から、定期的に温度・しつどとその変化度合いをチェック!

乾燥完了を見極めて自動停止してくれる便利な機能。

 

ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 F-YHUX90のメインビジュアルです。洗濯物の量1回2.5人分※1、衣類乾燥時間約97分※2、除湿可能面積の目安 16畳(27㎡)(60Hz)※3、定格除湿能力 6.5L/日(60Hz)※4、最大除湿能力 8.5L/日(60Hz)※5、本体色-H(アーバングレー)

引用 F-YHUX90の特徴

F-YHUX90との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

F-YC120HUX の価格は F-YC120HUX の特徴へ

トップへ戻る



F-YC120HUXと 旧モデル F-YC120HTX の『違い』

 

新モデルになって追加された機能あり!

 

new! 梅雨モード

F-YC120HUX : ◯ あり

F-YC120HTX : × ナシ

梅雨の時期に洗濯物を部屋干ししている画像です。

衣類乾燥が終わったら、自動で部屋を除湿してくれる便利な新機能。

梅雨時期など、衣類への湿気戻りと部屋のしつど上昇を抑えてくれるので梅雨でも快適!

new! 冬モード

F-YC120HUX : ◯ あり

F-YC120HTX : × ナシ

部屋の空気が乾燥しすぎないように、快適なしつど(約40%~60%)を目安に衣類を乾かす、冬におすすめのモードを新搭載へ!

new!  ツインルーバー

F-YC120HUX : ◯ あり

F-YC120HTX : × ナシ

左右独立したルーバーが異なるスピードでスイング、さまざまな方向に風を届けられるようになった。

洗濯物を揺らして拡げながら風を送り込むので洗濯物を詰めて干しても速く乾かせる!


つまりF-YC120HUXと F-YC120HTXの違いは、新搭載された梅雨モードと冬モード、ツインルーバーの有無による便利さと乾きやすさ、快適度合いの違いである。さらに適切に自動で部屋を除湿できるように進化したF-YC120HUXがおすすめ!


型番 FYC120HTX

 

posted with カエレバ

F-YC120HUX の価格は F-YC120HUX の特徴へ

トップへ戻る



F-YC120HUXと 似ている F-YHUX120 の『違い』

 

実は販売ルートの違いで型番が違うだけ。

機能は同じなので、お得な方を選ぶべし!

両機種の特徴

1年中パワフルにスピード乾燥ができる衣類乾燥除湿機。

ハイブリッド方式とナノイーXを搭載

ナノイーXの効果で部屋干し臭を素早く抑制し、洗濯物を除菌!
ワイド送風165cmは幅広く干した洗濯物にもしっかり風が届く仕様。

ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 F-YHUX120のメインビジュアルです。洗濯物の量1回4人分※1、衣類乾燥時間約75分※2、除湿可能面積の目安25畳(42㎡)※3、定格除湿能力 10L/日(60Hz)※4、最大除湿能力 12.5L/日(60Hz)※5、本体色-H(ミスティグレー)

引用 F-YHUX120の特徴

F-YHUX120との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

F-YC120HUX の価格は F-YC120HUX の特徴へ

トップへ戻る



F-YC120HUXの口コミ・レビュー

 

干し方に少し工夫は必要ですが、風の当たっているところは臭いもなくよく乾きます。
干している部屋のフローリングのペタペタ感もサラサラに変わり、しっかり除湿してくれてることが分かります。
お値段もDEAL10%とマラソンイベントでかなりお得でした。

ランドリールームの湿度がサーキュレーターでは下がらず、ひどい時は85%以上にだったので、カビの心配と部屋干し臭が気になり除湿機を購入しました。 高いだけあって、1時間程で湿度が60%まで下がりました。 洗濯物に至っては2時間で乾きました。 浴室乾燥機も家族のお風呂の時間がバラバラで使えないし、洗濯機の衣類乾燥は時間もかかるし、何より電気代が高いので毎日は使えません。嬉しかったのが、ランドリールームに入った時の匂いが全然違います。もっと早く買えば良かったと思う程、効果がありました。 オールシーズン使えるのと電気代を考えると、ハイブリッドの選択は間違いないと思います。 モードもたくさんあり、色々使いこなしたいですね。 これから毎日使いたいと思います。良い買い物となりました。

引用 ヤフーショッピング



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに