パナソニック F-PDR30 とダイキン MC55Uの『違い』

【鬼比較】 空気清浄機 編

容量、機能の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

パナソニック F-PDR30

1色あり (W)

VS

ダイキン MC55U

1色あり (W)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



重要な『違い』

空中除菌のイオン

パナソニック F-PDR30なし

ダイキン MC55U:アクティブプラズマイオン

パナソニックと言えばナノイーが有名だがパナソニック F-PDR30の場合は その機能はナシ

ダイキンMC55Uの場合は簡易的ではあるが、イオンを放出できる

アクティブプラズマイオンで空中で汚れを捕まえて吸い込んでから内部のストリーマで分解して除去する仕組み。※カタログには書かれていない隠れた盲点 イオンという名がついているので、これも新型コロナウイルス対策に使えるのか?と考える人がいるかもしれないが実は違う。ナノイーやプラズマクラスターとは違い、カビ菌やアレル物質の表面に付着する技術であってウイルスに対しての空中での抑制効果はない。

ストリーマ

パナソニック F-PDR30:× ナシ

ダイキン MC55U:◯ あり

ダイキンの特徴ある機能のひとつ。

吸い込んでからの、電撃ストリーマ。空気が本体の中に入ってからが勝負なのだ。※追記 実験結果では、ストリーマを1時間照射することにより新型コロナウイルスは93.6%不活化させ、3時間照射することにより99.9%以上を不活化されたと発表された!

気になる臭いや有害物質を抑制。

花粉専用運転

パナソニック F-PDR30 : ナシ

ダイキン MC55U : 花粉運転

ダイキンにも花粉捕獲に適した運転をすることで効率よく花粉を取り込み電撃分解!

フィルターの違い

パナソニック F-PDR30 : ◯2年交換不要

ダイキン MC55U : △1年

パナソニック F-PDR30の場合は集塵フィルターも脱臭フィルターも2年交換不要。

ダイキンMC55Uのバイオ抗体フィルターは交換の目安が1年である。

パナソニック F-PDR30

パナソニック 空気清浄機 の【鬼比較】一覧

ダイキン MC55U

ダイキン 空気清浄機 の【鬼比較】一覧



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに