鬼比較

3機種比較【鬼】GR-S510FZ 違い・口コミ・レビュー

 東芝の冷蔵庫 【鬼比較】2021年版

※わかりにくい隠れた盲点、※カタログには書かれていない隠れた盲点も必見!

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック!それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

東芝 GR-S510FZの特徴

新旧比較 GR-S510FZ と GR-R510FZとの違い

東芝 GR-S510FZ  と  下位機種 GR-S510FKの『違い』

似ている GR-S510FZ  と GR-S500GZの『違い』

東芝 GRS510FZの特徴

両開きで使いやすい家庭用の大型冷蔵庫FZシリーズ!

うるおい冷蔵室

うるおい冷気により乾燥を防ぐことで風味と食感をキープするという特徴あり。実は冷蔵室だけではなくチルドルームまで作用している。

マジック大容量

見た目以上に容量大

マジック大容量

設置スペースを生かした大容量冷蔵庫。ひろびろ庫内に、使いやすさも充実。これには東芝独自のマジック断熱構造が関係していて大容量と省エネを両立するために冷蔵庫の外壁の薄型化をして庫内容量を拡大しながらも、高い断熱性能を確保している。

もっと潤う 摘みたて野菜室

下位機種の摘みたて野菜室より高性能。GR-S510FZにはミストチャージユニットが搭載されており、うるおい冷気から水分だけを抽出して野菜室に送り続ける事ができるのだ(1日20回以上送る)

引用 GR-S510FZの特徴

つまり乾燥も結露もしにくい野菜に適した保存環境で鮮度を保持できる。

ミストチャージユニットには登山用ウェアなど高機能衣料と同じ働きをする多孔質フィルムシートを採用している。

切り替え冷凍

冷凍スピードを切り替えることが出来るので、用途に合わせて美味しく冷凍させることが可能となっている。

野菜そのまま冷凍(冷凍室上段)

面倒な下ゆでの手間なく、野菜を生のまま冷凍。ドライモードは味や栄養を凝縮して冷凍する機能。

一気冷凍(冷凍室上段)

冷気を強力に送りこむことで、鮮度を逃さず一気にフリージング可。

野菜冷凍ドライ

野菜そのまま冷凍よりも食材の水分量を減らして冷凍できるので味や栄養が凝縮され料理がもっと美味しくなるというもの。

※わかりにくい隠れた盲点

冷凍方法について。野菜の鮮度や種類によっては、
上手にできない場合や適さない野菜もあるので使う前には説明書をしっかり確認すること。

オートパワフル冷凍

状況に合わせて、最適な冷やし方で霜取り前にあらかじめ温度を下げ、霜取り中の温度上昇を抑える。

フロントブライト

照明冷蔵室のLED照明。天面に加え、ドア側からも庫内を明るく見やすく照らしてくれるので見やすい。

タッチオープン

手をかざすとスイッチが浮かび上がりスイッチ部をタッチする(触れる)と冷蔵室の扉が自動で開く仕様。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

タッチパネル(操作部)は 強くタッチしても感度は変わらない。指やタッチオープンスイッチ・タッチパネルが水や油でぬれていたり、汚れている場合は反応しないことがあるとの事なので頭に入れておく必要はありそうだ。

おそうじ口

フタを外して、穴から野菜くずや泥を落とせるのでお掃除ラクラク。野菜室にそなわっている機能である。

従来のように野菜室の大きなケースを外す必要がないので便利。

チューブスタンドあり

ドアポケットにチューブ式の調味料などを、立ててきれいに収納できるので便利さアップ。

posted with カエレバ

new! GR-S510FZの新モデル後継機種も登場!→ GR-T510FZとの違いへ

トップへ戻る



新旧比較 GR-S510FZ と GR-R510FZとの違い

 

GR-R510FZ 旧モデル

VS

new! GR-S510FZ

(GR-S510FZ-ZHアッシュグレージュ)(GR-S510FZ-UWクリアグレインホワイト)(GR-S510FZ-ZCラピスアイボリー)

東芝GR-S510FZの型落ち・旧モデルがGR-R510FZである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

新・除菌脱臭システム

GR-R510FZ : × ナシ

GR-S510FZ : ◯ あり

Ag+セラミック光触媒を採用へ!

従来の機種GR-R510FZに比べ、冷蔵室・野菜室をより清潔な空間に保つ事ができるようになった。

具体的にはAg+フィルターとセラミック光触媒フィルターにより高効率な構造に進化している。

除菌抗菌は、これからのコロナ時代には重要な事。

new! 氷結晶チルドモード

GR-R510FZ : × ナシ

GR-S510FZ : ◯ あり

うるおい冷気の水分を利用し、うすい氷で食材全体を包み込む機能(氷のラップ)。肉や魚の生のおいしさを保ちながら、鮮度をしっかりキープできるのでおすすめ!

new! USBポート

GR-R510FZ : × ナシ

GR-S510FZ : ◯ あり

現代生活では意外に便利。給電専用なので近くで充電しながら家事も可能。

USBケーブルは付属していないので自分のを使うこと。

new! 無線LAN接続

GR-R510FZ : × ナシ

GR-S510FZ : ◯ あり

東芝が提供するクラウドサービスのアプリを使えば冷蔵庫とスマートフォンを無線LANで連携させ、離れた場所からでも食材管理などができるようになる。

買い物リストや常備食品リストを使えば買い忘れや重複買いを防げて便利!

さらに詳しくは IoLIFEアプリの食材管理についてへ

new! スマートスピーカー対応

GR-R510FZ : × ナシ

GR-S510FZ : ◯ あり

スマートスピーカーと会話する感覚で食材リストを作成できる!

GR-R510FZの 口コミ・レビュー 良い面

チルド機能も進化したそうですが、まだよく分かりません。

ドアポケットのチューブ立てが工夫され便利でした。
冷凍室も収納力高いです。間仕切りも便利でスッキリ整理できました。

GR-R510FZの 口コミ・レビュー 悪い面

チルド室の幅が大きいので両扉開けないとチルド室が引き出せない
という事が不便でした。

飼い猫が冷蔵庫の上から降りるときにドアを蹴りながら降りてくるので、時々タッチオープンに触れて意図せずに開いてしまうことがあります。

引用 価格.com

型番 GRR510FZ

posted with カエレバ

GR-S510FZ の価格は 東芝 GR-S510FZの特徴へ

重要

冷蔵庫に物をパンパンに入れてしまうと冷蔵効率が悪くなり、食材の傷みや電気の消耗にもつながり、良いことは何もない。

少し余裕を持ったサイズの冷蔵庫選びはの鬼の鉄則である。

型落ち品は製造から月日が経っている点を忘れるべからず

トップへ戻る

GR-S510FZの口コミ・レビュー

 

口コミ・レビュー 良い面

アイボリーとかも考えたのですが、やっぱりグレーがカッコいいです。
野菜室真ん中は本当に便利。
最近は東芝しか野菜室真ん中は積極的に展開していないので、頑張ってほしいです。

【デザイン】
カタログでは正直そんなに良く思えなかったので第一候補ではなかったけど実物を見てこれしかないぐらい気持ちが動きました。
【使いやすさ】
あまり氷は利用しないので3段目も気にならず、野菜室真ん中で野菜や2Lペットボトルが一番下でないのとチルド室が2段が気に入ってます。
タッチオープンはまだ慣れていないので結構手動で開けてしまいますが、タッチオープンはちょっと勢いが良すぎます。
【静音性】
音は静かです。

500L以上の冷蔵庫という条件で探していましたが、グレージュカラーや野菜室が真ん中にあることが決め手となり購入しました。購入時には考えていなかった、タッチパネルやパネルディスプレイの使い勝手がよく、重宝しています。

東芝と三菱だけが野菜室真ん中で、どちらにしようか迷いましたが、時期的に安くなるシーズンを狙って当日安い方を選びました。宣伝どおり、野菜長持ちの機能や出し入れの高さも申し分ないです。スマホでいろいろなことができるようですが、個人的にはその分、もっと価格を下げてくれた方が嬉しいかも。でも、他社と比較して省エネがトップクラスなので、365日運転している電化製品としては満足です。

口コミ・レビュー 悪い面

【使いやすさ】タッチパネルで操作、設定するので簡単、楽です。野菜室が真ん中というのが絶対条件でしたのでそれだけでも満足度は高いのですが、冷蔵室はまだ納得のいく使い方ができません。奥行きをどう攻略するかにかかってますね。

【デザイン】USBのへこみが微妙です

引用 価格.comビックカメラ



東芝 GR-S510FZ と 下位機種GR-S510FKの『違い』

どちらもフレンチドア大容量の機種で野菜室がまんなか タイプ。

FKシリーズとFZシリーズの比較!

年間消費電力量

GR-S510FZ : ◯ 235(kWh/年)

GR-S510FK : △ 280(kWh/年)

どちらも省エネタイプだが、GR-S510FZの方が電気代が安い!

もっと潤う 摘みたて野菜室

GR-S510FZ : ◯ あり

GR-S510FK : × ナシ(従来の新鮮 摘みたて野菜室)

下位機種の摘みたて野菜室より高性能。GR-S510FZにはミストチャージユニットが搭載されており、うるおい冷気から水分だけを抽出して野菜室に送り続ける事ができるのだ(1日20回以上送る)

引用 GR-S510FZの特徴

つまり乾燥も結露もしにくい野菜に適した保存環境で鮮度を保持できる。

ミストチャージユニットには登山用ウェアなど高機能衣料と同じ働きをする多孔質フィルムシートを採用している。

氷結晶チルドモード

GR-S510FZ : ◯ あり

GR-S510FK : × ナシ

うるおい冷気の水分を利用し、うすい氷で食材全体を包み込む機能(氷のラップ)。肉や魚の生のおいしさを保ちながら、鮮度をしっかりキープできるのでおすすめ!

USBポート

GR-S510FZ : ◯ あり

GR-S510FK : × ナシ

現代生活では意外に便利。給電専用なので近くで充電しながら家事も可能。

USBケーブルは付属していないので自分のを使うこと。

無線LAN接続

GR-S510FZ : ◯ あり

GR-S510FK : × ナシ

東芝が提供するクラウドサービスのアプリを使えば冷蔵庫とスマートフォンを無線LANで連携させ、離れた場所からでも食材管理などができるようになる。

買い物リストや常備食品リストを使えば買い忘れや重複買いを防げて便利!

スマートスピーカー対応

GR-S510FZ : ◯ あり

GR-S510FK : × ナシ

スマートスピーカーと会話する感覚で食材リストを作成できる!

フロントブライト

GR-S510FZ : ◯ あり

GR-S510FK : × ナシ

照明冷蔵室のLED照明。天面に加え、ドア側からも庫内を明るく見やすく照らしてくれるので見やすい。

タッチオープン

GR-S510FZ : ◯ あり

GR-S510FK : × ナシ

手をかざすとスイッチが浮かび上がりスイッチ部をタッチする(触れる)と冷蔵室の扉が自動で開く仕様。

GR-S510FKとの比較記事・一覧へ

new! GR-S510FKの新モデル後継機種も登場!→ GR-T510FHとの違いへ

GR-S510FZ の価格は 東芝 GR-S510FZの特徴へ

トップへ戻る



似ている GR-S500GZ  と  GR-S510FZの『違い』

GR-S500GZの方が若干容量が大きい冷蔵庫。

ドアの開き方

GR-S500GZ : △ 片開き

GR-S510FZ : ◯ フレンチドア(両開き)(観音開き)

通路が狭くても安心なのがフレンチドアタイプ。

年間消費電力量

GR-S500GZ : ◯ 255(kWh/年)

GR-S510FZ : ◯ 235(kWh/年)

電気代はほぼ同じ。

機能は同じなので一番上のGR-S510FZの特徴を参照!

GR-S500GZとの比較記事・一覧へ

 

GR-S510FZ の価格は 東芝 GR-S510FZの特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

重要な事

想像しているよりも1サイズ大きなものを選ぶほうが冷蔵庫内の空間ができ、庫内が見やすく電気代もかからず

あとで後悔することが少ない。