鬼比較

『盲点』【鬼】GR-T460FH 違いと口コミ・レビュー

 東芝の冷蔵庫 【鬼比較】2021年版

※わかりにくい隠れた盲点、※カタログには書かれていない隠れた盲点も必見!

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック!それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

東芝 GR-T460FHの特徴

新旧比較 GR-T460FH と GR-S460FKの違い

GR-T460FH  と  下位機種 GR-T41GXHの『違い』

GR-T460FH の口コミ・レビュー

東芝 GRT460FHの特徴

 

うるおい冷蔵室

うるおい冷気により乾燥を防ぐことで風味と食感をキープするという特徴あり。実は冷蔵室だけではなくチルドルームまで作用している。

マジック大容量

マジック大容量

設置スペースを生かした大容量冷蔵庫。ひろびろ庫内に、使いやすさも充実。これには東芝独自のマジック断熱構造が関係していて大容量と省エネを両立するために冷蔵庫の外壁の薄型化をして庫内容量を拡大しながらも、高い断熱性能を確保している。

新鮮 摘みたて野菜室

何が普通の野菜室と違う家というと、エチレン分解機能とツイン冷却の低温高しつどの冷気によって、まるで収穫したてのようなみずみずしさと美味しさが長持ちさせられる点である。野菜を良く食べる人にとっては重要な機能。

おそうじ口

フタを外して、穴から野菜くずや泥を落とせるのでお掃除ラクラク。野菜室にそなわっている機能である。

従来のように野菜室の大きなケースを外す必要がないので便利。

チューブスタンドあり

ドアポケットにチューブ式の調味料などを、立ててきれいに収納できるので便利さアップ。

切り替え冷凍

冷凍スピードを切り替えることが出来るので、用途に合わせて美味しく冷凍させることが可能となっている。

野菜そのまま冷凍(冷凍室上段)

面倒な下ゆでの手間なく、野菜を生のまま冷凍。ドライモードは味や栄養を凝縮して冷凍する機能。

一気冷凍(冷凍室上段)

冷気を強力に送りこむことで、鮮度を逃さず一気にフリージング可。

野菜冷凍ドライ

野菜そのまま冷凍よりも食材の水分量を減らして冷凍できる。味や栄養が凝縮され料理がもっとおいしくなる!

オートパワフル冷凍

状況に合わせて、最適な冷やし方で霜取り前にあらかじめ温度を下げ、霜取り中の温度上昇を抑える。


写真は各公式へ

posted with カエレバ

トップへ戻る



新旧比較 GR-T460FH と GR-S460FKの違い

 

GR-S460FK 旧モデル

(GR-S460FK-EWホワイト)(GR-S460FK-ECサテンゴールド)

VS

new! GR-T460FH

(GR-T460FH-EWホワイト)(GR-T460FH-ZCラピスアイボリー)

東芝GR-T460FHの型落ちがGR-S460FKである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

新モデルになって変化あり

本体色のホワイトは同じだが、サテンゴールドからラピスアイボリーに変わった!機能は同じ。

以下は両機種に共通

新・除菌脱臭システム

Ag+セラミック光触媒を採用!

従来の機種に比べ、冷蔵室・野菜室をより清潔な空間に保てる。

具体的にはAg+フィルターとセラミック光触媒フィルターにより高効率な構造に進化!

除菌抗菌は、これからのコロナ時代には重要な事。


つまりGR-T460FHとGR-S460FKの違いは、色のラインナップの違いである。本体色のホワイト色と機能は同じ。


GR-S460FKの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

GR-T460FH の価格は 東芝 GR-T460FHの特徴へ

重要

冷蔵庫に物をパンパンに入れてしまうと冷蔵効率が悪くなり、食材の傷みや電気の消耗にもつながり、良いことは何もない。

少し余裕を持ったサイズの冷蔵庫選びはの鬼の鉄則である。

型落ち品は製造から月日が経っている点を忘れるべからず

トップへ戻る



 

東芝 GR-T460FH と 下位機種GR-T41GXHの『違い』

 

どちらも人気が高い、野菜室がまんなか タイプ。

FHシリーズとGXHシリーズの比較!

容量

GR-T460FH : 462L

GR-T41GXH : 411L

重要

冷蔵庫に物をパンパンに入れてしまうと冷蔵効率が悪くなり、食材の傷みや電気の消耗にもつながり、良いことは何もない。

少し余裕を持ったサイズの冷蔵庫選びはの鬼の鉄則である。

年間消費電力量

GR-T460FH : ◯ 264(kWh/年)

GR-T41GXH : △ 315(kWh/年)

GR-T460FHの方がサイズが大きいのに省エネ性能が高い!

ドアの開き方

GR-T460FH : ◯ フレンチドア(両開き)

GR-T41GXH : △ 片開き

通路が狭くても安心なのがフレンチドアタイプ。

新鮮ツイン冷却システム

GR-T460FH : ◯ あり

GR-T41GXH : × ナシ

冷蔵ゾーンと冷凍ゾーン、それぞれ専用の冷却器で冷やすことで温度と湿度を最適にコントロール。安い冷蔵庫と違って食材にとって快適な庫内環境にしてくれるので、鮮度、保存状態も違ってくる。

速鮮チルドモードと解凍モード

GR-T460FH : ◯ あり

GR-T41GXH : × ナシ

選べる 切り替えチルド

モードを切り替えるだけで、
肉・魚を新鮮保存。解凍もおまかせ。

速鮮チルドモード

低温の冷気を強力に送りこみ、食品の中までスピード冷却して鮮度とおいしさを保つ。

解凍モード

約1時間で約-3℃まで急速解凍。冷凍した肉や魚も約30分で切れるくらいまで解凍できるようになる。

チルドルーム上段でできる機能。

チューブスタンド

GR-T460FH : ◯ あり

GR-T41GXH : × ナシ

ドアポケットにチューブスタンドは、チューブ式の調味料などを立ててきれいに収納できるので便利さアップ。

タッチオープン

GR-T460FH : × ナシ

GR-T41GXH : ◯ あり

手をかざすとスイッチが浮かび上がりスイッチ部をタッチする(触れる)と冷蔵室の扉が自動で開く仕様。


GR-T41GXHの比較記事

写真は各公式へ

GR-T460FH の価格は 東芝 GR-T460FHの特徴へ

トップへ戻る



GR-T460FH の口コミ・レビュー

 

口コミ・レビュー 良い面

ホワイトのガラス素材でスマートです。特に表面のタッチパネルが先進的な感じで、ワクワクしました。何か部屋が明るくなったような感じだと家族にも好評。 特に目立ったユニークな機能とかはなさそうだけど、あっても使いこなせないだろうし、十分満足です。

見た目よりも沢山入るし
野菜室が真ん中というのが初めてでしたが、
料理する時大きい野菜も苦にならないので
買い替えて快適!

全面のスイッチが近代的でカッコが良いのと磁石がつかないのでかえって物を取り付けなくなり良かったと思いました。側面は付くのでそこに少し付けてます。

口コミ・レビュー 悪い面

いままで野菜室が下にあったので慣れるまでに時間がかかるのと両開きなので片方だけ開けてチルドの蓋を開けられないのが少し不便かなと思いました。

急速冷凍部をチルドに切り替えできるとうれしい。

引用 ヤフーショッピング

GR-T460FH の価格は 東芝 GR-T460FHの特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに