新型ES-H10D と旧型ES-H10Cの『違い』

【鬼比較】 ドラム式洗濯乾燥機 編

new! 新型 ES-H10D

(ES-H10D-WL左開き、ホワイト)(ES-H10D-WR右開き、ホワイト)

VS

旧型 ES-H10C

(ES-H10C-WL左開き、ホワイト)(ES-H10C-WR右開き、ホワイト)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



2019年版で新しく追加された機能

乾燥ダクト部分の自動掃除が追加されて楽になった!※わかりにくい隠れた盲点 乾燥フィルターは従来通り乾燥のたびに掃除が必要なので注意。

乾燥ダクト自動お掃除

洗濯時の給水を利用して、乾燥ダクトに付着した洗剤成分等を洗濯のたびに自動で洗い流します。

両機種に共通する特徴ある部分↓

この2機種はヒーター乾燥方式なので注意!

本体価格が安い代わりに電気代がかかる事に加えて衣類が痛みやすい乾燥方式となる。※わかりにくい隠れた盲点 縮み安さの度合いは一回目の洗濯と乾燥が最も大きくなるとのこと。どの様な衣類が縮みやすいのか?調べてみると綿や麻のシャツ・トレーナー・シャツ・靴下やガーゼ、ポリウレタンやアクリルの入った混紡の衣類などである。では縮みにくい衣類は?ポリエステルのブラウスやポリエステル混紡のワイシャツなど。

長く使うことを考えれば断然ハイブリッドや、ヒートポンプ乾燥がおすすめ!

マイクロ高圧洗浄・シャワー

洗浄力に関連する項目。これがあるのとないのでは雲泥の差である。

洗浄力 イメージ

引用 ES-H10Dの特徴

極め洗いコース

マイクロ高圧洗浄があるからこそ、実現できる洗濯モード

ドラム式洗濯機を選ぶ場合重要なポイントあり

設置スペースを確認し、防水パンと蛇口、さらに搬入経路の確認も忘れずに!

ドアの向きが反対だと…

引用 きちんと測ってきちんと選ぶ

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることをお忘れなく!

ES-H10Dとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

ES-H10Cとの比較記事一覧へ

posted with カエレバ



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

重要な事

洗濯槽の中にギュウギュウ満タンに入れて洗濯しても意味がないので、余裕をもって洗いとすすぎができるサイズを選ぶべし!