「電子レンジ 日立」カテゴリーアーカイブ

【鬼】HMR-FT183 とHMR-TR221の『違い』

【鬼比較】 キッチン家電・電子レンジ

機能だけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

日立 HMR-TR221

(HMR-TR221-Z5(東日本50Hz専用)ホワイト)(HMR-TR221-Z6(西日本60Hz専用)ホワイト)

VS

日立 HMR-FT183 上位機種

(HMR-FT183-Wホワイト) 

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



日立 HMRTR221との比較記事・一覧へ

シンプル&スタイリッシュカンタン操作の電子レンジ

引用 HMR-TR221の特徴

日立 HMRFT183との比較記事・一覧へ

ボタンタッチで自動あたため

引用 HMR-FT183の特徴

posted with カエレバ

重要な『違い』

容量

HMR-TR221 : 22L

HMR-FT183 : 17L

内部の違い

HMR-TR221 :  ターンテーブル

HMR-FT183 : フラットタイプ

HMR-TR221は内部が回るタイプで丸皿が付属。

電子レンジ HMR-TR221

HMR-FT183は回らないタイプなので庫内が広く、清掃しやすい↓

電子レンジ HMR-FT183

※HMR-TR221の方が容量が大きいので、実はHMR-TR221の方が幅あり(庫内有効寸法幅31.4cm)

全国で使えるヘルツフリー

HMR-TR221 :  ×

HMR-FT183 : ◯

HMR-FT183は全国共通で使えるが、HMR-TR221の場合は西日本と東日本で使える型番が変わるので注意!引っ越し予定がありそうな場合もよく考えること。

(HMR-TR221-Z5 (東日本50Hz専用

(HMR-TR221-Z6 (西日本60Hz専用

レンジ 高周波出力

HMR-TR221 : △ 600W、500W相当、200W相当、100W相当

HMR-FT183 : ◯  800W、600W、500W、200W相当、100W相当

早く温めたい時はワット数が多いほうが良い。最低でも1000Wは欲しいところ。

HMR-FT183の注意点としては800Wは最大1分30秒間だけ。そしてオート調理の「1あたため」、「2解凍あたため」にのみ作動するとのこと。

オート調理

HMR-TR221 : × ナシ

HMR-FT183 : ◯ あり

HMR-FT183の場合

「1あたため」、「2解凍あたため」、「3飲み物・牛乳」

湿度センサーが搭載されているので、ワンタッチで自動あたため可。

仕上がり具合は「弱・中・強」の3段階で調節できる。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに