【360°】JPD-A060 とJPF-A550の『違い』

【鬼比較】 タイガーの炊飯器 編

機能や釜の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

タイガー JPD-A060 3.5合

2色あり  (WE)(KE)

VS

タイガー JPF-A550 3合

2色あり (W)(K)

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

タイガー JPD-A060

タイガー JPF-A550

重要な『違い』

圧力の有無

JPD-A060 : ○あり 圧力IHタイプ

JPF-A550 : ×ナシ IHタイプ

ご飯が美味しく炊ける順番は

圧力IH (美味い) > IH > マイコン(まずい)

の順である。毎日食べる物だからかなり重要。炊飯器の鬼としては最低限圧力 IHをおすすめしたい。ごはんのもっちりと本当のうまみが分かるのだ。

釜の違い

JPD-A060 : ○ 熱流&熱封 土鍋コーティング

JPF-A550 : △ 土鍋コーティング

両方とも金属の釜に変わりはないが、JPD-A060の場合は9層の造りになっており熱伝導率の良さプラスコーティングの違いにより美味しさが変わるので

断然JPD-A060がおすすめ!

ゆで麦メニュー

JPD-A060 : ○あり

JPF-A550 : ×ナシ

大麦に水を加えて炊くだけで、ゆでたような大麦を簡単においしく炊きあげ、サラダやスープなどの様々なメニューにアレンジ可能になった。

手軽に大麦を食生活に取り入れられるかも重要。

デザイン性

JPD-A060 : ○良し

JPF-A550 : △

 背面もフラットで、どこから見ても美しく見える「360°デザイン」を採用。天面にも奥行き感が出る繊細な柄加工を施し、上質な質感!

キッチン空間を彩るどこからみても美しいデザイン。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

タイガー 炊飯器 の【鬼比較】一覧

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに