3機種比較【鬼】RC-10VRR 違い・口コミ・レビュー

【鬼比較】 東芝の炊飯器 2021年版

新モデルになって何が変わったのか調べてみた!

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見!

機能や釜の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ(特徴以外)

東芝 RC-10VRRの特徴

新型と旧型→  RC-10VRR と RC-10VRPの『違い』

RC-10VRR と 上位機種 RC-10VSRの『違い』

東芝 RC10VRRの特徴(価格は一番下へ)

炎 匠炊き

細かな火力調整が可能な多段階火力調節がポイント!

鍛造かまど 銅釜

甘みを引き出す加熱を可能にし、蒸らし工程でも多段階火力調節で高温を維持してふっくらと甘みのある、かまど炊きのような美味しいご飯を炊き上げられる!

new! 業界トップクラス1420Wへの大火力化!

大火力を生かしきる羽釜の形で、かまどのような炊き方を追求。芯まで加熱し、ムラを抑えてふっくら。

RC-10VRRは、更に美味しく早く炊けるように進化している。

真空保温

最大40時間の保温が可能!

麦ご飯 / 雑穀米コース

食物繊維などを多く含む雑穀米をふっくら炊き上げるための専用コース。

ごはんを食べて健康に!

その他コース

そくうまコース・早炊きコース・おかゆコース・炊込みコース・雑穀米コース・調理コース(ケーキ/温泉卵)

お手入れ

new! 洗うのは内釡と内ぶたの2点だけになりラク!

お手入れコース 10~60分

その他の新たに追加された機能は下記 旧モデル RC-10VRPとの違い を参照

「鍛造かまど銅釜」タイプのスタンダードモデル。 RC-10VRR RC-18VRR

引用 RC-10VRRの特徴

トップへ戻る(特徴紹介へ)



旧モデル RC-10VRPとの違い

 

new! RC-VRRシリーズ RC-10VRR 

(RC-10VRR-Wホワイト)(RC-10VRR-Kグランブラック)

VS

RC-VRPシリーズ RC-10VRP 旧モデル

(RC-10VRP-Wホワイト)(RC-10VRP-TSディープブラウン)

 

RC-10VRRの型落ち・旧モデルがRC-10VRPとなる。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

new! 大火力化されて炊飯時間が短縮された!

新モデルRC-10VRRは、業界トップクラスの1420Wになり、お好みの食感に炊き分ける本かまどコースの炊飯時間が短くなっている(約8分の短縮)

美味しく炊けるのに早い!

new! 3通りの炊き分けに進化!

新モデルRC-10VRRは、かため、やわらか、が加わり3通りの炊き分けが可能になった!

new! お手入れが楽になった!

新モデルRC-10VRRは、蒸気口セット(ケース、キャップ)をなくしても上手に炊けるよう進化。

 

毎回の炊飯後に洗う部品が内ぶたと内釜の2点のみになりラクになった!

new! フラットパネル

ふたの操作面を凹凸が少なく汚れを拭きやすいフラット形状になった!

従来の機種は溝に汚れが溜まるデメリットがあった。

フラットパネルは、長年使っても溝に汚れがたまりにくい。これからの時代は清潔第一!

RC-10VRRとRC-10VRPの違いは、炊飯時間と3通りの炊き分けが出来るかどうか、お手入れがラクになったかどうか、である。長く使うことを考えればRC-10VRRがおすすめ!型落ち品は製造から月日が経っている事をお忘れなく!



以下は両機種に共通する特徴

特徴のある東芝の銅釜

 

釜の形と厚さは東芝の売りともなっている(角度60°)

これに東芝炊飯器の真空技術を加えることで炊いてから時間が経っても、ふっくらツヤツヤなご飯になる。

内釜3年保証あり!

真空αテクノロジー

 

まずは内釜の中を真空にした時の圧力差を利用してお米の芯までたっぷり吸水させる。

しっかり水を吸ったお米は、内部まで熱が伝わりやすくα化が促進されるのでご飯の甘みをアップさせられるという仕組み。

最大40時間保温が可能

これにも東芝の真空技術が役立っており、内釜の中に残る空気を、外に追い出し密閉させることで酸化によるごはんの黄ばみ、水分の蒸発を抑えてパサつきを減らす、真空保温!

ちなみに他メーカーでは保温時間24時間まで、というのが一般的で、最大40時間まで美味しさが保持できるというのは保温を良くしていた人にとってはありがたいはず。

※わかりにくい隠れた盲点

さすがに玄米、麦などの雑穀ご飯、白米と雑穀米などを混ぜた場合は最大12時間なので注意

甘み炊きコース

真空αテクノロジーを利用して甘みをアップさせるコース。おにぎりにもオススメとなっている。

お弁当コース

芯までしっかり浸して甘みを引き出すので、固くならず冷めてもおいしく食べられる。

炊きたて直後に美味しいのは当たり前、弁当に詰める場合は冷めてからも美味しいかどうかが重要!


型番 RC10VRP

「鍛造かまど銅釜」タイプのスタンダードモデル。 RC-10VRP RC-18VRP

引用 RC-10VRPの特徴

RC-10VRRの価格は 東芝 RC-10VRR

東芝 炊飯器 の【鬼比較】一覧 も参考に

トップへ戻る(特徴紹介へ)



RC-10VRRの口コミ・レビュー

 

口コミ・レビュー 良い面

 ご飯がとても美味しく炊けます。 保温していても美味しさが続きます。 とても満足しています。

蓋の上面だけラメ入りでキラキラしています。web購入の為、写真だけでは全体的にマットなブラックに見えたのですが、全体的に艶のある、つるんとした表面と形なので拭きやすくて良いです。

・サイズ感は、奥行きがコンパクトで、家には私には合ってます。
洗うパーツが内釜と中蓋だけで、お手入れも楽です。

・上位機種は変圧式だそうですが、タッチパネルが70代の母親が扱いにくそうなので、物理スイッチのこちらにしました。

・初期設定で「エコ炊き」なので、そのままだと真価が発揮できません。
なぜこんな設定なのか…。
・シャキッと歯ごたえのあるご飯が炊けます。
うちは柔らかめが好きなので、水を多めにしています。
「甘み炊き」は時間がかかりますが、ほんとに甘くて美味しいです。
「本かまど」でも、ツヤツヤの美味しいご飯が炊けます。
使い勝手、炊き上がり、保温機能など総じて満足です。

引用 楽天市場

この手の高めの炊飯器を購入するのは初めてでしたが、満足しました。米の状態によって多少の水分量を調整しないとダメですが、ちょうどいい水分量だと、米の粒のしっかり感やほくほく感だと普通の炊飯器とは異なって素晴らしいことを実感できます。また重さも思っていたよりも軽く、お手入れもしやすいです。1週間に1回は洗浄モードを使って、きれいに使用できてる気がします。

以前のマイコンとの違いは、口に入れた時にお米一粒一粒がはっきりわかる状態なのに、噛むとパサつかず固くもない、柔らかモチモチのとても良い状態なのが嬉しいです。
夫が粒感のあるご飯が好きで、古いマイコンだとお米一粒一粒を感じるように炊くとしたら、水量を少し減らして固めに炊かなければならず、そうすると艶が少なく、パサパサ気味になり、モチモチしなくなるのが嫌だったんです。
この炊飯器で夫婦間の好みの問題も解決しました。

すごく操作方法も簡単で使い易いです。自立式のしゃもじも付属しているため、買って良かったです。

温泉卵機能がついていて、それが炊飯機能自体よりも大ウケしました。テイクアウトの食事になんでも温泉卵乗せられるようになりました。温泉卵機能はこれから大活躍の予定です。

圧力鍋でずっと炊いてたけど、面倒になってきたのと、保温したかったのが主な理由でした。ガスより美味しくないイメージでしたが、良い意味で裏切られました。すごくおいしい!買って良かったです。

引用 online nojima

口コミ・レビュー 悪い面

音がZOJIRUSHIさんのような音楽的な物ではなく ただの ピー だったのが残念な所でした。まぁ 慣れてしまえば 一緒です。

唯一残念に思うのは炊飯中の音がうるさい事。

引用 paypaymall

RC-10VRRの価格は 東芝 RC-10VRR

トップへ戻る(特徴紹介へ)



RC-10VRR と 上位機種 RC-10VSRの『違い』

 

圧力

RC-10VRR : × ナシ

RC-10VSR : ◯ あり

RC-10VSRは真空IHでありながら可変圧力タイプなので、ご飯がもちもち、ふっくら!

もちろん硬さ調節の炊き分け5通りにも対応。

気圧コントロールは真空0.6(保温時0.7)から1.05気圧まで(沸点約101.5℃)

100度以上で炊くのでご飯の甘みや粘りといったお米本来の旨さを引き出す。

 ねらい炊き 

RC-10VRR : × ナシ

RC-10VSR : ◯ あり

炊飯の時間も食感も選んで炊き上げられるコース!

実は従来の機種では好みの食感を選択すると、炊飯時間が選べないというデメリットがあった。

このコースの場合は両方選択でき、炊きたいタイミングや気分、料理に合わせた前回以上の満足な炊きあがりを期待できる。

※わかりにくい隠れた盲点

ねらい炊きの場合は30分~50分(5分単位)で調整できるが、炊き分けは5通りではなく3通りになる。

少量コース

RC-10VRR : × ナシ

RC-10VSR : ◯ あり

従来は少量だけで炊いた場合、美味しく炊きあがらない場合が多かった。容量を自動判定する機能があるので火力を細かく自動調整する事で茶碗一杯をより美味しく食べられるようになった。

玄米コース関連

RC-10VRR : △ 玄米コース(本かまど)

RC-10VSR : ◯ 玄米コース(本かまど/白米混合炊き分け3通り(玄米+白米)/おかゆ/そくうま)

 

RC-10VSRの場合は、ご飯に玄米を混ぜて炊いても美味い!

その他のコース

RC-10VRR : ケーキ/温泉卵

RC-10VSR : 温泉卵/豆腐

静電タッチパネル

RC-10VRR : × ナシ

RC-10VSR : ◯ あり

静電タッチパネルの利点はボタンではないので、長年使ってもボコボコにならない。

ステンレスクリーンフレーム

RC-10VRR : × ナシ

RC-10VSR : ◯ あり

ふきやすい

※カタログには書かれていない隠れた盲点

底の白い丸い部分は温度センサーとなっており、汚れたり異物があると上手く炊けない原因になってしまうので注意。もし落ちない程度の汚れが付いてしまった場合は600番程度の細かいサンドペーパーで軽く磨いて拭き取ると良い。

丸底60°の強い熱対流で、ふっくら。RC-10VSP RC-18VSP

引用 RC-10VSRの特徴

東芝 RC-10VSRとの比較記事・一覧へ

RC-10VRRの価格は 東芝 RC-10VRR

トップへ戻る(特徴紹介へ)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。