おどり一升SR-PB189 とSR-HX189の『違い』

【鬼比較】炊飯ジャー 2019年版

機能や釜の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

パナソニック ただのIH SR-HX189

(SR-HX189-Wホワイト)

VS

パナソニック 圧力IH SR-PB189 上位機種

(SR-PB189-Wホワイト)

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに



パナソニック SR-HX189との比較記事一覧へ

SR-HX189

パナソニック SR-PB189との比較記事一覧へ

SR-PB189

重要な『違い』

炊飯方式の違い

SR-HX189 : △IH

SR-PB189 : ○可変圧力IH

ご飯が美味しく炊ける順番は

圧力HI > IH > マイコン

の順である。毎日食べる物だからかなり重要。炊飯器の鬼としては最低限圧力 IHをおすすめしたい。ごはんの本当のうまみが分かるのだ。

パナソニックの場合、さらに進化させた可変圧力タイプである↓

炊き技

SR-HX189 : △大火力おどり炊き

SR-PB189 : ○可変圧力おどり炊き

可変圧力おどり炊きの圧力

これにより、ふっくらと美味しく理想のもちもち感を実現!

圧力なしの場合↓

大火力おどり炊き

パナソニック炊飯器と言えばおどり炊きで有名!この機能付きのを選ばなければ意味がないと言えるほど。

以下は両機種に共通する特徴ある部分↓

  • 「雑穀米」専用コースを搭載

内釜3年保証あり

どちらも安心の日本製!

旨み熟成浸水

旨み熟成浸水

うまみだけでなくご飯一粒のハリもアップ!

銀シャリ炊き分け

 ○可能

ふつう、かため、やわらかの3種類の炊き分けが可能。ご飯の硬さは人の好みが分かれるので、非常に重要な機能である。

2019年版で進化した、追加された機能!

玄米コース(時短)が追加された!(炊飯時間:80分〜)

高温浸水と加圧・減圧で玄米の吸水を促進し、時短を実現しました。

健康食として人気が高い玄米だが、炊くのに時間がかかる点がネックであった。これなら美味しく早く玄米が炊ける!

結論

圧力炊飯できるSR-PB189の方が断然おすすめ!



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

変わった種類の小型炊飯器を探す場合はこちら

posted with カエレバ

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに